関節に良い食事法の解説。

関節の健康の為には、グルコサミンの摂取の他に、適切な食事を行なうことも大切です。
こちらでは、関節に良い食事法を紹介していますので、ぜひ参考にして、日々の健康に役立てて下さい。

関節にとって良い食事法とは?

「医食同源」といった言葉がありますが、これは実に的を得た表現です。

私たちが食べるものは、良くも悪くも体に影響を及ぼします。

こちらでは、健康を増進して、変形性関節症の予防や治療に役立つ食事法を紹介します。
正しい食事の重要性を知り、グルコサミンをしっかり摂取することで、上手に関節の健康を守って下さい。

過体重と変形性関節症の関係。

痩せているからといって変形性関節症にならない保証はありませんが、体重が増えることによって、変形性関節症になる危険性は高くなります。

過体重あるいは肥満と関節炎の関係は、多くの研究で実証されています。

また、体重が重ければ重いほど、変形性関節症になりやすいので、運動能力が減退し、更に肥満が進行という悪循環になってしまいます。

減量は変形性関節症に効果的。

過体重が関節症の原因とわかっているのと同じく減量が関節症の発症を防ぎ、たとえ関節症になっても治療を容易にすることがわかっています。

だからといって、一夜漬けのダイエットをしたり、大急ぎで体重を減らすなどのことをすれば、返って健康を害してしまいます。

減量はゆっくり行なえば行なうほど良く、ゆっくり行なえば食生活やライフスタイルが改善され、それを長期に維持できることになります。

食事を抜くと逆効果。

食事(特に朝食)を抜くと、基礎代謝率が低くなってしまいます。

また、食事を抜いたり、長時間食べないでいると、次に過食になってしまったり、こってりしたものがほしくなります。

特に、極端な食事制限は、良いダイエット法ではありません。
一時的に体重が下がっても、食事制限を止めると、一気にリバウンドしてしまいます。

脂肪の摂取に気をつけましょう。

脂肪はカロリーのかたまりですので、たとえ少量であってもカロリー摂取量は跳ね上がります。

多少の脂肪分は、体にとって必要ですが(大さじ1杯程度/1日)、殆どの人は何倍も摂ってしまっています。

脂肪の摂取量を控えるのが、カロリー摂取量を下げる、一番の近道です。

健康的な食事法とは?

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど体の健康を保つ為に必要な栄養素は多数ありますが、1つでも不足すると、体は弱り、病気に対する抵抗力も下がってしまいます。

食品によって含まれる栄養の種類や量が異なりますので、同じ食品ばかり食べていると、健康を維持する為に必要な栄養が、十分に摂れない恐れがあります。

『食』は人生の楽しみであり、健康を保つ方法でもありますので、バランスの良い食事を心がけ、グルコサミンなどの関節を守る栄養素が不足しないようにしましょう。

・本サイトの利用は、トップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 グルコサミン.com. All Rights Reserved.