変形性関節症を解説。

変形性関節症の原因や症状を詳しく解説をしてます。
又、グルコサミンがどのように作用するかも記載していますので参考にして下さい。

変形性関節症とは?

加齢や過剰な体重により、軟骨がすり減り、関節の硬い骨どうしがぶつかって変形したり、砕けた細片が神経のきている滑液膜などに刺さって炎症や痛みを引き起こす病気で、若い方から高齢者まで非常に様々な方が発症する可能性があります。

中でも、体重が膝にかかることから起こる「変形性膝関節症」は、患者数が約700万人と言われており、約80%は更年期以後の女性が占めると言われています。

これまでは、有効な治療法は殆ど無かったこの病気に対して、救世主のような存在として登場したのがグルコサミンとコンドロイチンです。

変形性関節症の原因。

加齢や過剰な体重、スポーツなどによる関節への負担が主な原因と言われています。

関節の骨は、軟骨と呼ばれるクッションに覆われており、この軟骨が重力や衝撃を吸収することで、守られています。

しかし、上記などの理由により、関節間の軟骨が、すり減ってしまい、硬い骨どうしがぶって、炎症や痛みを引き起こしてしまいます。

この病気は、手、肘、膝、腰、股関節など、関節の部分ではどこにでも起こります。

グルコサミンとコンドロイチンの摂取で、磨り減った軟骨の完全再生に期待できます。

変形性関節痛の症状。

初期の軽症時は、関節の動かし始めに痛みを生じ、しばらく動かしていると無くなりますが、更に動かすと再度痛みが出て来るのが特徴です。

重症時は、関節が常に痛み、運動制限が起こります。
関節の腫脹や骨の変形、関節に水が溜まるなどの症状が生じます。

変形性関節症とよく似た病気に「リウマチ性関節炎」がありますが、リウマチ性関節炎は、左右同時に症状が起こるという特徴を持っています。
変形性関節症の場合は、片方だけに症状が起こることもあります。

なぜ、悪化するまで気づかない!?

変形性関節症は、軟骨の減少が最大の原因と言われていますが、軟骨には、血管や神経がありませんので、すり減っている実感がなく、痛みが生じた際には、すでに症状が進行しているのです。

少しでも関節の事が気になる方は、症状が出る前に、グルコサミンやコンドロイチンを食品やサプリメントなどから意識して摂取することをお勧めします。

変形性膝関節症とグルコサミン!

私たち人間が二足で歩き始めてから苦しんだ代表的な疾病が関節症です。
急激な高齢化と食文化の変化が進んでいる日本では、今後も特に膝関節症の患者が急激に増加すると言われており、厚生労働省もその対策に頭を悩ませています。

膝関節は、普通に歩く時には体重の約3倍、階段の昇り降りだと5〜7倍もの重い力がかかります。この強い負担から、関節を守っているのが軟骨であり、主要成分のグルコサミンなのです。

また、体内では、軟骨の他に、腱や靭帯、心臓弁や爪、細胞と細胞をつなぐ結合組織など、全身に広く分布しており、体を円滑に動かす潤滑油のような役割を担っているため、不足すると、体のあちらこちらがきしみ、痛みを生じてしまいます。

現代社会が生んだ生活習慣病である変形性関節症に対して、軟骨再生だけでなく、痛みの緩和にも役立つグルコサミンは、まさに救世主というに相応しい存在です。

・本サイトの利用は、トップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 グルコサミン.com. All Rights Reserved.