グルコサミンの効果

健康な関節を作り、副作用も少ないことから、テレビCMでも話題沸騰中の人気栄養素が単糖の構造を持つグルコサミンです。
グルコサミンの効果を最大限発揮するには、副作用をしっかり理解してサプリメントを利用して摂取量を出来る限り高めるとよいでしょう。
当サイトでは、口コミや人気ランキングではなく、上手なグルコサミンの摂り方などを解説していますので、関節の健康に役立てて下さい。

グルコサミンで関節が完全再生!?

「変形性膝関節症」に対して、グルコサミン&コンドロイチンを併用することで、約1年間で50%以上の人の関節が完全再生された臨床結果が発表されています。

今まで、磨り減った関節の軟骨を再生する手段は、殆ど無かったので、肘や膝に痛みを抱えている方には、まさに救世主のような存在です。

当サイトでは、グルコサミンとコンドロイチンの効果を活かすための摂取方法や、サプリメントの選び方を詳しく解説していますので、しっかり学んで下さい。

グルコサミンとは?

グルコサミンは、カニやエビの甲羅などに多く含まれる成分で、私たちの体内では、軟骨や靭帯などに多く存在し、クッションのような働きで各部を保護しています。

グルコサミンは、体内でも合成される栄養素ですが、加齢とともに合成力が減少していくことが明らかになっていますので、意識して摂取することが大切です。

また、コンドロイチンやヒアルロン酸の主要成分でもあるため、グルコサミンは関節痛の緩和だけではなく、美肌にも大事な栄養素です。

グルコサミンが軟骨を再生するプロセス。

関節を保護するにあたり、グルコサミンがどの様に働くのか学びましょう。

関節にある軟骨で、最も重要なものが「プロテオグリカン」と呼ばれる成分で、これが【弾力性】と【柔軟性】を与えています。


軟骨内で、目の細かい網の状態でスプリングの役割をし、関節に合わせて伸び縮みできるようにしています。


軟骨内で、水分を溜め込むスポンジの役割をし、クッションとなる事で、膝などの関節を保護しています。

つまり、関節の再生にはプロテオグリカンを増やす事がとても重要なのです。
グルコサミンは以下の2つの作用で、このプロテオグリカンを大幅に増やします。

プロテオグリカンの材料となり、新たな生成を促進。

軟骨細胞を刺激し、さらにプロテオグリカン生成を促進。

グルコサミンの詳しい効果。

皆さんが、一番気になるグルコサミンの効能を下記に紹介しますので、食品やサプリメントを上手に利用して、日々の健康に役立てて下さい。

関節痛を緩和します。

上記のプロセスのとおり、グルコサミンを1年間摂取を続ける事で、関節が完全に再生された研究結果も発表され、ヨーロッパでは、グルコサミンはすでに医薬品として使用されています。

また、アメリカではサプリメントの人気ランキング上位に位置し、愛用されています。

血液をサラサラにします。

最近の研究により、グルコサミンは、血小板の凝集作用を抑制し、血流をスムーズにする効果を持っていることが明らかになっています。

この働きにより、血栓が原因で引き起こされる、動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病の予防にも期待されています。

美肌に役立ちます。

美しい肌にはコラーゲンやヒアルロン酸だけではなく、グルコサミンも必要です。

グルコサミンは、美肌に大切な保水性や弾力性を持っています。
また、ヒアルロン酸の材料となり、生合成を促進する効果があります。

副作用や安全性について。

グルコサミンは、もともと体内合成される成分であるため、安全性が高いと言われており、重篤な副作用等は報告されていません。

ただし、ワルファリン(抗凝血薬)など一部医薬品との相互作用や、糖尿病の方や若い方は摂取する際に注意が必要です。

詳しくは、こちらの上手なグルコサミンの摂り方をご覧下さい。

コンドロイチンと同時に摂取しましょう。

2つを同時に摂取することで、効果が飛躍的に向上することが明らかになっています。

グルコサミン
軟骨において最も重要な成分であるプロテオグリカンの主要成分であり、生成を促進する効果もありますので、『軟骨を作る』と言われています。

コンドロイチン
軟骨に水分と栄養を届けるだけでなく、関節における潤滑油である滑液の主要成分ですので、『軟骨を守る』と言われています。

詳しくはこちらのコンドロイチンの効果をご覧下さい。

グルコサミンの豆知識。

グルコサミンは、グリコサミノグリカンと総称される分子の主要成分で、一般名としては、「2-アミノ-2-デオキシグルコース」といわれています。

グルコサミンは、ヘキソサミンの1種で、代表的なアミノ糖として、結合組織や関節軟骨に分布しています。

口から入ったグルコサミンは、余計な分子がついていますがブドウ糖を基本構造として持ち、消化不要で成分がそのまま吸収されます。

その為、グルコサミンの摂取は、血糖を増加させる可能性あると言われる事がありますが、実際には、ブドウ糖と同じ程度だと考えられています。

食品からグルコサミンを摂取するには?

グルコサミンは、カニやエビなど甲殻類の殻に多く含まれていますが、他の食品では、魚の頭・ヒレ・眼球、フカヒレ、アンコウなどに含まれている事が知られています。

しかし、日常の食品から十分な量のグルコサミンを摂取する事は中々難しく、サプリメントが注目されているのも、それが要因の一つとなっているのでしょう。

効果や効能に期待して摂取している方が多くいらっしゃるようですが、通常の食品に含まれる栄養素と同様に、一つの栄養素のみを過剰に摂取する事は副作用を招く原因にもなりかねますので、摂取量や他の栄養素とのバンラスにも注意しましょう。

注意事項!

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ず信頼できる文献を再確認の上でご利用ください。

又、栄養素としてのグルコサミンの記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

リンク集サイトマップグルコサミン - Wikipedia

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 http://www.e-glucosamine-supplement.com. All Rights Reserved.