コラーゲンの効果を解説。

コラーゲンも、グルコサミンと同様に、関節の健康に大切な栄養素で、副作用が少なく、安全性が高いと言われています。
同時に摂取する事で、より効能が高まりますので、出来るだけ、コラーゲンも一緒に摂取しましょう。

コラーゲンとは?

語源としては、ラテン語の「膠(にかわ)をつくるもと」という意味からきています。

真皮だけではなく、靱帯や腱、軟骨なども構成するタンパク質で、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分ですので、グルコサミンやコンドロイチンとともに、関節においても大切な栄養素です。
また、ヒアルロン酸とともに美容に欠かせない成分として高い人気を得ています。

コラーゲンは、動物と魚類の皮やスジ、骨や軟骨などの食品に多く含まれています。

コラーゲンの効果。

皆さんが、一番気になるコラーゲンの効果を下記に紹介しますので、食品やサプリメントを上手に利用して、日々の健康に役立てて下さい。

健全な軟骨を作り、関節を守ります。

軟骨は、水分やプロテオグリカンの他に、コラーゲンも主な成分となっています。

コラーゲンの持つ弾力性によって、関節にかかる衝撃を吸収しています。
また、プロテオグリカンをしかるべき場所に安定させ、軟骨基質を1つに繋ぎ合わせるのもコラーゲンの役割です。

ハリのある美肌を作ります。

コラーゲンの持つ弾力性によって、肌のハリは保たれています。
(コラーゲンは肌の真皮の約70%を占めています。)

また、コラーゲン合成に働く細胞を活性化させる効果や、表皮のターンオーバーを活性化する効果もありますので、美肌作りに欠かせません。

丈夫な骨を作ります。

骨にもコラーゲンは多く存在しています。

その為、しっかり摂取することで骨を丈夫に保ち、閉経後の骨粗鬆症予防にも有効だと言われています。

目や血管を守る働きもあります。

コラーゲンは、血管壁にも多くに存在しており、傷ついた血管壁を修理する効果を持っています。
コラーゲンの不足は、血管の弾力を低下させ、高血圧や動脈硬化を引き起こしやすくしてしまいます。

コラーゲンは目にも多く存在しており、しっかり摂取することで、筋膜が強くなって、視覚障害や疲れ目などの目のトラブルの予防や改善に役立ちます。

コラーゲンの副作用。

コラーゲンの直接注入の副作用として、遅延型陽性反応 (7例)、ビーズ状反応 (165例)、点状出血斑 (13例)、紫外線による異常反応 (2例) が報告されてています。

アトピー性皮膚炎、小児喘息の病歴のある7歳女児が、コラーゲン入りの化粧水を塗布後、痒みを伴う発赤と腫脹が出現し、化粧水に含まれていたヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コラーゲンによる接触蕁麻疹と診断された報告があります。

・本サイトの利用は、トップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 グルコサミン.com. All Rights Reserved.